読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア的方法論

エンジニアをしてますmasaと申します。趣味や育児や仕事に関しての雑記ブログとしてやっていきたいと思います。

家族に疎まれずにベランダ菜園を続けるには

こんにちはmasaです。

 

突然ですが、趣味の一つにベランダ菜園があります。(ジジ臭くてすいません、でも楽しいんですよ)

 

今回はベランダ菜園の楽しさをお話するとともに、世の中の男の人における共通の悩みである、「家族が増えていくに従い、出来る趣味の数が減っていくのをを食い止める(ベランダ菜園に関してのみ)」をテーマに書きたいと思います。

 

まずベランダ菜園について。

 

「ベランダ菜園」という言葉はお聞きになったことがあるかと思います。庭の畑ではなく、ベランダで野菜を作ることです。(私の中では「菜園」と言うくらいなので花は含まないことにしてます。食べられるもののみ。

皆様のなかには「ベランダ菜園なんて狭いスペースでせせこましい」みたいなイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、室内から窓を開けるだけで世話ができるので、わざわざ靴を履いて外に行かなくて良い分気軽にできます。(休日にはお酒を飲みながら水やりや収穫なんてことも可能です。但し、お酒を飲む事自体が家族から疎まれますから、テーマとは正反対になりますけど)

 

家族に疎まれずにベランダ菜園を続けるには

 

普通にベランダ菜園してると、まず疎まれます。

○はるには花粉がはいってくる
○夏には虫がはいってくる
○土が部屋に上がってくる
○ベランダの美観を見出しがち
○収穫出来ても、メニューに組み込まないといけない
○スーパーで買ったほうが安いときもある

なんだか書いてて「なんでおれ、こんなことやってんだろ」と、なってきました。それでも楽しいんですよ。

 

ではどうすればいいか。

 

何を育てるかに細心の注意を払ってください

①調理しなくてもいいこと
②切らなくてもいいこと
③洗うのが楽
④買うと高いものを選ぶ
⑤ちょっとしか使わないものを選ぶ
⑥あったら嬉しいけど買うほどじゃないものを選ぶ
⑦(晩酌するひとなら)あてにできるものを選ぶ

 

基本的には、ベランダ菜園のある意味ゴールとも言える「収穫」によって、奥様に手間が増えないようにすることを考えましょう

 

①②③で言えばミニトマトです
添えるだけで彩りアップですし、毎日あっても困らない、洗う切る調理するがどれも不要で育てるのも簡単!

④⑤で言えば大葉、葉ネギです
そーめんや冷奴など夏の定番メニューで大活躍。買うほどじゃないけど、あると料理を3ランクぐらいあっぷさせてくれます。虫に強くて育てやすい!若葉が美味い!

⑤⑥で言えばバジルとかルッコラですかね、
パスタに乗っけとけばいいので。

⑦は長ねぎですか
オーブントースターで焼くだけで醤油をつければ、ビール、焼酎、日本酒なんでも合うし。

 

まとめ


わたしは2年前から初めて下記のような菜園遍歴です。どうにか妻の理解も得ることが出来ました。「必ず努力は報われる」がベランダ菜園の良いところですね。

 

【1年目】
ミニトマト、ピーマン、オクラ
【2年目】
ミニトマト、トマト、バジル、しそ、葉ネギ、わさび菜
【3年目(今年)】
現在 ラディッシュ、わさび菜
これから ミニトマト、小松菜、葉ネギ、大葉、青しりめんしそ、にんじん

広告を非表示にする