エンジニア的方法論

エンジニア的方法論

エンジニアをしてますmasaと申します。趣味や育児や仕事に関しての雑記ブログとしてやっていきたいと思います。

日常生活もMECEで考えよう

 

こんにちはmasaです

 

タイトルからMECEってなんやねんですよね

「漏れなく、ダブりなく」

です

 

Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive

の頭文字をとってMECE

 

例えば

地球上の人を分類するとして

・20歳未満と20歳以上で分けるのはMECEです

・20歳以下と30歳以上で分けるのはMECEではありません

  21歳~29歳が「漏れ」ています

・20歳以下と20歳以上で分けるのはMECEではありません

  20歳が「ダブり」です

 

 

なぜMECEだと良いのか

 

・すべてを想定内にできる。

  検討はしていなくても、MECEにしていると方向転換が容易です

・説得力が増す

  漏れがあると、聞く側は「ほかにも漏れがあるのでは」と疑心暗鬼に陥ります

 

良く聞く「ビジネスフレームワ-ク」や4M、4P、3CはこのMECEを達成するためのものなんです

 

具体例

3C Customers:市場、Competitor:競合、Company:自社

 4P Product:製品、Price:価格、Place:流通、Promotion:プロモーション

賛成・反対

 ハード・ソフト

 有形・無形

能動・受動

 流動・固定

 主観・客観

 

 

 

具体的なMECEにするためのコツ

 

・「その他」を使わない

   すべてをカバーしているようで、漏れが発生しやすいです

・区切りをあいまいにしない

   色を分類することを例にすると

   「明るい色」「暗い色」だと境界線はどこ?となりますよね

 

こういったロジカルシンキングのトレーニングの入口には

NHKの「ロンリのちから」がおすすめです


ロンリのちから [ NHK『ロンリのちから』制作班 ]

 

 

物語の舞台は高校の演劇部。意見が対立し、撮影が中断。そこに現れるのは、顧問の溝口先生。「ロンリのちから」で鮮やかに問題を解決していきます――。

ドラマ仕立てで「論理の仕組み」が楽しくわかる。NHKEテレ『高校講座』人気番組の待望の書籍化!
「あの『ロンリのちから』はスゴイ!」
「自分も学生時代に出合っておきたかった!」
……ビジネスマンにも話題となった『ロンリのちから』が内容をさらにパワーアップ、1冊に!

監修は、東大大学院教授の野矢茂樹先生。ロングセラー『論理トレーニング101題』(産業図書)をはじめ、「論理」「哲学」の第一人者。
書籍化にあたり、番組では伝えきれなかった「論理の仕組み」について、野矢先生の書き下ろし解説を収録。番組のファンばかりでなく、始めて知った人もためになること請け合いです。
本書で、仕事、勉強の底力、「論理力」をどんどん鍛えてください!

 

 

 

まとめ

 

日常生活でも自然と頭の中でMECEに考えれるまでどっぷりロジカルシンキングに浸りたいですね(幸せかどうかはわかりませんが)

広告を非表示にする